各質問をクリックすると、回答が表示されます。

サプリメントついて UHAグミサプリについて 各商品について

サプリメントについて

Q 01そもそもサプリメントって何ですか?

サプリメントとは栄養補助食品のことです。
日本ではよく医薬品と混同されがちですが、普段摂りにくい栄養を補助・補給する「食品」という位置づけです。
サプリメント先進国アメリカでは、1994年に成立した「DSHEA法」という法律によって ビタミン、ミネラル、ハーブ、アミノ酸のいずれかを含み、通常の食事を補うことを目的とする製品と定義づけられています。

閉じる

Q 02サプリメントはどうやって広まったのですか?

サプリメントが広まった原点はアメリカです。アメリカでは、「医療より予防」という考えが強く、「セルフメディケーション」の観点から、国民の大半がサプリメントを日常的に摂取しています。
日本でも、高齢化や医療費の高騰、そして健康ブームに伴い、サプリメントを求める人たちは増えてきています。
今や世界中の市場には様々な成分・形態のサプリメントが並んでおり、アメリカを筆頭にその波は広がっています。

閉じる

Q 03栄養機能食品とは何ですか?

栄養成分(ビタミン・ミネラル)の補給のために利用される食品で、栄養成分の機能を表示するものを指します。詳しくは消費者庁ウェブサイトをご覧ください。

閉じる

Q 04『ビタミン』とは何ですか?

ビタミンは、糖質・脂質・たんぱく質の三大栄養素に比べ微量ではあるものの、人体の機能を正常に保つために必要な有機化合物です。
体内ではほとんど合成することができないため、食物から摂取する必要があります。

ビタミンA
脂溶性のビタミンで、夜間の視力の維持を助けたり、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミンD
脂溶性のビタミンで、腸管でのカルシウムの吸収を促進し、骨の形成を助ける栄養素です。ビタミンDはさらにビタミンD2とビタミンD3に分けられます。
ビタミンD2は植物に、ビタミンD3は動物に多く含まれ、ヒトではビタミンD3が重要な働きを果たしています。

ビタミンE
脂溶性のビタミンで、抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミンB1
米ぬかから発見された水溶性のビタミンで、炭水化物からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミンB2
水溶性のビタミンで、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。黄色い色をした成分で、摂取により尿が黄色くなることがあります。

ナイアシン
水溶性のビタミンで、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

ビタミンB6
水溶性のビタミンで、たんぱく質からのエネルギーの産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

葉酸
水溶性のビタミンで、赤血球の形成を助ける栄養素です。胎児の正常な発育にも寄与する栄養素です。

ビタミンB12
水溶性のビタミンで、赤血球の形成を助ける栄養素です。植物にはほとんど含まれないため、動物性食品から補う必要があります。

ビオチン
水溶性のビタミンで、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。

パントテン酸
水溶性のビタミンで、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。生物界に広く分布し、ほとんどの食品に含まれるビタミンです。

ビタミンC
水溶性のビタミンで、コラーゲンの合成に深く関与し、皮膚や粘膜の健康維持を助けるとともに、抗酸化作用を持つ栄養素です。

閉じる

Q 05『ミネラル』とは何ですか?

生体を構成する主要な4元素(酸素・炭素・水素・窒素)以外の元素の総称です。無機質ともいいます。体内に存在するのは微量ですが、体の構成物質として重要な役割を担っています。体内で合成できないため、食物から摂取する必要があります。

カルシウム
骨や歯の形成に必要なミネラルです。現代の日本人に不足しがちなミネラルの一つです。

マグネシウム
骨や歯の形成に必要なミネラルです。多くの体内酵素の正常な働きとエネルギー産生を助けるとともに、血液循環を正常に保つのに必要な栄養素でもあります。

亜鉛
人体の筋肉や骨に多く存在するミネラルで、たんぱく質・核酸の代謝に関与する栄養素です。皮膚や粘膜の健康維持を助け、味覚を正常に保つのに必要な栄養素でもあります。


赤血球を作るのに必要な栄養素で、日本人女性の多くが不足しているミネラルです。


赤血球の形成を助けるミネラルです。多くの体内酵素の正常な働きと骨の形成を助ける栄養素でもあります。

セレン
抗酸化作用のあるミネラルです。日本人の通常の食事では不足の心配はほとんどありません。

クロム
糖質・脂質の代謝に関与するミネラルです。インスリンの作用を助ける役割も担っています。

マンガン
肝臓、すい臓、毛髪に多く存在するミネラルで、糖質・脂質・たんぱく質の代謝に関与する栄養素です。

ヨウ素
海草や魚介類に多く含まれるミネラルで、甲状腺ホルモンの合成になくてはならない栄養素です。

モリブデン
糖質・脂質の代謝に関与するミネラルです。肝臓や腎臓で酵素の働きを助ける役割も果たしています。

閉じる

Q 06栄養素等表示基準値とは何ですか?

栄養素等表示基準値とは、日本人の1日に必要な栄養素量の平均的な値として厚生労働省が設定したものです。
各栄養成分についての栄養素等表示基準値は下記表を参照してください。

エネルギー 2100kcal
たんぱく質 75g
脂質 55g
炭水化物 320g
ナトリウム 3500mg
カルシウム 700mg
7.5mg
リン 1000mg
マグネシウム 250mg
カリウム  1800mg
0.6mg
ヨウ素 90μg
マンガン 3.5mg
セレン 23μg
亜鉛 7mg
クロム 30μg
モリブデン 17μg
ビタミンA  450μg
ビタミンD  5μg
ビタミンE 8mg
ビタミンK 70μg
ビタミンB1 1mg
ビタミンB2 1.1mg
ナイアシン 11mg
ビタミンB6 1mg
葉酸 200μg
ビタミンB12 2μg
ビオチン 45μg
パントテン酸 5.5mg
ビタミンC   80mg

※栄養素等表示基準値は、食事摂取基準を性及び年齢階級ごとの人口により加重平均した値として設定しているため、 個人ごとに必要な栄養素量を示しているのではありません。性別、年代別ごとに必要な栄養素量については、 厚生労働省のウェブサイトをご覧ください。

閉じる

UHAグミサプリについて

Q 07UHAグミサプリはお菓子ですか?薬ですか?

お菓子でも薬でもありません。グミ形状のサプリメントです。

閉じる

Q 081日のうちでいつ摂るのが効果的ですか?

食品ですので、お好きなときにお召し上がりください。脂溶性成分に関しては、一般的に油との摂取により吸収性が高まると言われており、食後にお召し上がられるのがおすすめです。

閉じる

Q 09他の商品や薬と併用しても大丈夫ですか?

食品との併用は問題ございません。他のサプリメントと組み合わせて摂取する場合、過剰摂取になってしまわないよう、合計で1日の摂取目安量に相当するように調整してください。薬と併用する場合はかかりつけの専門医もしくはお近くの医療機関にご相談下さい。

閉じる

Q 10多種類の飲み合わせは大丈夫ですか?

栄養素等表示基準値に対する充足率を参考に、不足している成分を補うようお奨めします。UHAグミサプリシリーズを組み合わせて摂っていただいて問題ありません。各製品1日2粒ずつの目安量を守ってお摂りください。

閉じる

Q 111日3粒以上食べて大丈夫ですか?

多く摂れば摂るほどよいというものではなく、食生活の中での不足分を補うものですので、目安量をお守りください。
あくまでも食生活は、主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスが大切です。

閉じる

Q 12使用を控えた方が良い場合はありますか?

不調を感じた時や体質に合わないと感じた場合はお控えください。

閉じる

Q 13副作用はありますか?

サプリメントは食品ですので、通常の量では副作用はありませんが、体質や体調などによって、まれに体質に合わないことがございます。商品パッケージやカタログ等で使用原材料をすべてご案内しておりますので、食品アレルギーのある方や特に敏感な方は、必ずご確認ください。
また、初めてお摂りになる場合やご心配な場合には、少ない量から様子を見ながらお試しされることをおすすめします。

閉じる

Q 14薬をやめてサプリメントに変えてもいいですか?

医師はお客様の症状に合った薬を出していますので、おやめにならないでください。併用する場合も医師にご相談ください。
また、サプリメントは食品ですので、病気を治療するものではありません。日々の健康維持のサポートとしてお役立てください。

閉じる

Q 15アレルギーをもっていますが食べて大丈夫ですか?

原材料に含まれるアレルギー物質(27品目)は全て商品パッケージに表示しております。必ずご確認の上、お召し上がりください。

閉じる

Q 16アレルギー物質の27品目とはなんですか?

食品衛生法で表示が義務付けられた特定原材料の7品目と、表示が推奨されている20品目の合計27品目のことです。
特定原材料(7品目)
小麦、そば、卵、乳、落花生、えび、かに
特定原材料に準ずるもの(20品目)
あわび、いか、いくら、オレンジ、カシューナッツ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、ごま、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン

閉じる

Q 17妊娠中、授乳中に食べても大丈夫ですか?

かかりつけの医師とご相談の上、お召し上がりください。

閉じる

Q 18子どもが食べても大丈夫ですか?

本商品は、大人向けの商品です。お子様が摂取される場合は、厚生労働省の食事摂取基準に示す各年齢での推奨量や目安量を参考に、摂取量を調整し、過剰摂取には特にお気をつけください。
小さなお子様の手の届かないところに保管していただき、食べさせる際も飲み込んで喉につめないよう十分ご注意ください。

閉じる

Q 19体調不良になりました。このサプリが原因でしょうか?

一般的に食用されている成分ですので、体調不良の原因となる可能性は極めて低いと思われます。ただし、念のため、一旦使用を中止されて様子をみて下さい。

閉じる

Q 20賞味期限が切れてから食べても問題ありませんか?

賞味期限を過ぎると、風味の劣化やビタミンなどの一部の栄養成分が減少する可能性があります。賞味期限内にお召し上がりいただきますようお願いいたします。

閉じる

Q 21賞味期限は何ヶ月ですか?開封していない場合のことですか?

製造日から18ヶ月です。未開封で、保存方法(直射日光・高温多湿を避け、保存してください。)をお守り頂いた場合の期限です。

閉じる

Q 22ソルビトールとはどのような甘味料ですか?

天然にも広く存在する糖質で、果実等に含まれています。イモ類等でんぷん類を原料に、分解・還元・精製等の工程を経て作られます。砂糖と比べてカロリーが低く、ダイエット食品、菓子などの低カロリー食品の甘味料として使用されています。

閉じる

Q 23どこで購入できますか?

全国のドラッグストア、一部のコンビニエンスストアでお買い求めいただけます。
詳しくはお問い合わせ窓口(0120-557-108(土・日・祝を除く 9:00~17:00))まで。

通信販売では、こちらのサイトからご購入いただけます。
UHA味覚糖 健康・美容 通販サイト https://uha-shop.jp/

閉じる

Q 24どこで作られていますか?

全て国内で製造しております。

閉じる

Q 25お問い合わせについて

グミサプリに関するお問い合わせ窓口
UHA味覚糖 お客様センター
0120-557-108 (土・日・祝を除く 9:00~17:00)
メールでのお問い合わせはこちらから

閉じる

各商品について

マルチビタミン、ビタミンC、ビタミンB群

Q 26苦味や異味がしますが大丈夫ですか?

人によっては苦味や異味を感じる方がいらっしゃいますが、成分自体の味ですので食べても問題はございません。摂取が困難な場合は、ご利用をお控えください。苦味に敏感な方は小容量からお試しされることをおすすめします。

閉じる

Q 27尿が黄色くなりましたが大丈夫ですか?

ビタミンB2が含まれている製品の場合、尿が黄色くなることがあります。ビタミンB2そのものの色ですのでご安心下さい。

閉じる

ビタミンD3

Q 28なぜ日光浴不足の方におすすめなのですか?

ビタミンD3は、皮膚に紫外線が照射されることで合成されます。
例えば、冬の昼間の東京では、20~30分日光を浴びると1日に必要なビタミンDが合成されます。しかし、日焼け止めクリームなどUV対策が当たり前の現代女性では、3人に1人がビタミンD不足と言われています。
また、北海道や東北のような日照時間の短い地域の方も不足しやすいと言われています。

閉じる

ルテイン

Q 29『ルテイン』はどんな成分ですか?

抗酸化成分であるカロテノイドの一種です。眼の中に入ってくる青色光と紫外線は活性酸素を発生させますが、ルテインの抗酸化作用によってその活性酸素は除去されます。
眼は私たちの体の中でも、特に活性酸素の害を受けやすいところです。ルテインは全て食事により摂取され、必要な分だけ眼に備蓄されています。しかし、年齢を重ねると、備蓄されるルテインの量が減少するため、加齢とともに不足しがちな成分です。

閉じる

Q 30『ルテイン』はどんな食品に多く含まれますか?

ルテイン
緑黄色野菜に多く含まれ、特にケールやほうれん草に多く含まれています。

閉じる

Q 31グミの赤さは何?

ルテインのUHAグミサプリは、ルテインが高配合されているため、濃い赤色になっていますが、ルテインそのものの色です。衣服などにつきますとシミになりますのでご注意ください。

閉じる

還元型コエンザイムQ10プラセンタ

Q 32『還元型コエンザイムQ10』はどんな成分ですか?

エネルギーを作り、活性酸素を除去する健康維持に重要な抗酸化成分です。還元型CoQ10やユビキノールとも言います。
コエンザイムQ10には酸化型と還元型の2種類があり、酸化型は体の中に入ると還元型に変えられて役に立っています。しかし、中高年になると個人差はありますが、酸化型を還元型に変える力が衰えてしまいます。
還元型コエンザイムQ10は摂ったそのままの形で体内で利用することができますので中高年の方や従来のコエンザイムQ10ではもの足りなかった方にオススメの成分です。

閉じる

Q 33『還元型コエンザイムQ10』はどんな食品に多く含まれますか?

還元型CoQ10
還元型の形では食品にほとんど含まれていませんが、酸化型の形で肉類や魚類に含まれています。
アスタキサンチン
主にサケ・エビ・カニ・イクラなどに多く含まれています。
プラセンタ
食品として食べることはほとんどありません。

閉じる

Q 34今までのコエンザイムQ10とはどこが違うのですか?

コエンザイムQ10には酸化型と還元型の2種類があります。酸化型は体の中に入ると還元型に変換されて利用されています。しかし、中高年になると個人差はありますが、酸化型を還元型に変える力が衰えてしまいます。還元型コエンザイムQ10は摂ったそのままの形で体内で利用することができますので中高年の方や従来のコエンザイムQ10ではもの足りなかった方におすすめです。

閉じる

Q 35『プラセンタ』はどんな成分ですか?

「胎盤」のことで、哺乳動物が妊娠した時に形成される器官です。胎盤は、1つの細胞を生命にまで成長させるために必要な栄養分を供給する働きがあります。いろいろな栄養分を豊富に含むことから、最近では、化粧品や、美容・健康を目的とした健康食品など、使用用途が広がっています。

閉じる

Q 36『プラセンタ』にはどんな栄養素が含まれていますか?

人間に必要なたんぱく質、脂質、糖質の三大栄養素をはじめ、アミノ酸、ミネラル、ビタミン、酵素などの多様な栄養素が含まれています。
アミノ酸(アルギニン、グリシン、リジン、グルタミン酸など)
ミネラル(カルシウム、ナトリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛など)
ビタミン(Cをはじめ、B1、B2、B6、B12、D、E、ナイアシンなど)
酵素(アルカリホスファターゼ、酸性ホスファターゼなど)
核酸(DNA、RNA)

閉じる

Q 37SPF豚って何ですか?

SPFとは「Specific Pathogen Free」の略で、指定された病原体をもっていないという意味です。SPF豚は、高いレベルの管理技術をもった養豚場でのみ生産できる、安全と安心を追求した豚です。

閉じる

Q 38『アスタキサンチン』はどんな成分ですか?

主に藻・サケ・エビ・イクラなどに多く含まれている赤い色素で、β-カロテンと同じくカロテノイドの一種です。人間やその他の動物はこのようなカロテノイドを体内で作り出すことが出来ません。そのため、食物から体内に取り入れて健康のために利用しています。

閉じる

ヒアルロン酸

Q 39『ヒアルロン酸』はどんな成分ですか?

ヒアルロン酸は、人間の皮膚にも含まれる成分で、高い保水力を有し、肌の乾燥を防ぐのに役立っています。

閉じる

イソフラボン

Q 40『イソフラボン』はどんな成分ですか?

大豆イソフラボンは、植物エストロゲンともいわれ、その化学構造が女性ホルモン(エストロゲン)に似ているため、エストロゲン受容体に結合するとされています。

閉じる

ブルーベリー

Q 41ブルーベリーとビルベリーは一緒ですか?

本製品に使用しておりますブルーベリーは、「ヨーロッパブルーベリー」と呼ばれる種類であり、別名、ビルベリーと呼ばれています。

閉じる

Q 42『アントシアニン』はどんな成分ですか?

ポリフェノールの一種で抗酸化物質です。植物が紫外線から身を守るために蓄える成分で、古くから視界の悩みや疲れをサポートする成分として知られています。

閉じる

Q 43グミの黒さは何?

ブルーベリーのUHAグミサプリは、ビルベリーエキスが高配合されているため、濃い青色になっていますが、ブルーベリーそのものの色です。安心してお召し上がりください。

閉じる

ウコン

Q 44クルクミンはどんな成分ですか?

ウコンの黄色を呈する色素成分で、ポリフェノールの一種です。ウコンはショウガ科の熱帯性植物で、クルクミンはその根茎に含まれます。

閉じる

Q 45グミの黄色さは何?

ウコンのUHAグミサプリは、クルクミンが高配合されているため、濃い黄色になっていますが、クルクミンそのものの色です。衣服などにつきますとシミになりますのでご注意ください。

閉じる

亜鉛&マカ

Q 46黒マカエキスはどんな成分ですか?

マカは、南米ペルー・アンデス山脈の過酷な自然環境に植生するアブラナ科の多年生植物です。根は薬用ハーブとして使われます。とくに黒マカは、グルコシノレートや、アントシアニンやケルセチン等のポリフェノール類がより多く含まれています。

閉じる

お問い合わせ

0120557108 WEBサイトからの<br>お問い合わせはこちら